限りあるもの【前編】

昨日カート場でレースがありオフィシャルとして参加するため、golfちゃんで向かいました。
8時までに着くように30分前に家を出ます。
家を出てすぐに気づきました。ガソリンない!
目盛りが0の線の上です。しっかしナゼ今まで気づかなかったんでしょう。

きょろきょろよそ見をしますがスタンドが空いてない!!一体何時からなんだ?
山に差し掛かります。ヤバイ、山の中でクルマ止まったらシャレにならん。
そこで、カート場に向かう道のサイゴのスタンド(ここも営業前)の隣のコンビニに
クルマを停め、カート場オーナーに電話します。

オラ「あの~、mailoですけど。レース前の忙しいトキにすみません。スタンドってフツー何時からやってますか?
   ガソリンないのにどこもまだ空いてないの~」
オーナー「え~、その場所にもよるんじゃない?」
オラ「もう目盛りが0なの~。今スタンドの前のコンビニなんだけど、スタンド空かないの~。 
   でもこのままじゃ着く前に止まっちゃうから行ーけーなーいー(泣」
オーナー「まだランプはついてないんだったら、ここまでもこれるし、家帰る分までもつから大丈夫。安心しろ~」
あら、マジですの?

んでこの会話を聞いてたオバちゃんが電話中に、「あのスタンド8時からよ」と口をパクパクしながら教えてくれました。
コンビニを出ました。すると今度はカッコイイ兄ちゃんが話しかけてきました。
兄「ガソリンないって聞こえたけど、どこまで行くの?(以下オーナーの言葉と同文のため略)」
オラ「どうもありがとうゴザイマス」
あ~、心もカラダも準備できてなかったよ~、もったいない(笑)。もう一度チャンスが欲しいデス。

ってかなぜ周囲の人に訊かれてたんだろう・・・あ~恥ずかしい。
でもこの後もっと恥ずかしい続きがあります。それはまた後日。
b0055211_22573959.jpg
[PR]
by mailo8282 | 2005-06-20 22:51 | with golf life


<< 限りあるもの【後編】 年間1万キロは乗れなさそう。 >>